2009年08月26日

八ヶ岳の記憶 その1

家族で夏山は始めて。

 

八ヶ岳はふもとには小学生のころバイブルキャンプがあって毎年きてたのですが、私自身も八ヶ岳ははじめてだったのでした。

 

 

二歳もしょってのコース、無理のないゆったりコース。

一日目 家から小屋まで

二日目小屋から山頂まで

二日目 小屋から家まで。

 

しかし、お盆はうれしいの半分、ただでさえこむでしょうに

1000円高速。

朝、四時にでたのに普通じゃないかんじでした。

草津田上IC(うちから二分♪まさかICができるとおもわなかった)4時20分

NHKFMで心の時代という番組は建築家の戦争体験の話。

続きは翌日。インタビューを自宅でしたのかセミの声と建築家らしい知的な話しぶりに心に栄養をもらいつつ

途中、駒ヶ根あたりで混みだして、オットはどうせこむなら下道で、派なので

おりて高遠という谷になっている地域を通りました。

(後で調べるとゼロ磁場?というすごいらしい?パワースポットがあるらしく)

 

信州といえどもまだ暑い。

 

諏訪にはいって、高級別荘地のほうに登っていくとようやくなんとなくすずしい。

さらにさらにあがるともう、ふつうの舗道ではなくなってきています。

本当はここも徒歩なんだと思うと本当ありがたい。

桜平というちょっとした広場に車をとめる。ここまでくると本当すずしい!

、、、と、本当にこんでいたのでついたのはひるすぎ。日帰りの方たちが下山してくる時間です。

ほとんどが関東ナンバー。

雨が心配なので、荷物は重いし、眠い・・だったのですが休憩もあまりとらずに

二時間でオーレン小屋へ。

ここから次の日よていしている山まで二時間くらいなのでここもかなりの標高かな。

二歳児も一丁前に人数換算されて4000円の設営料はらって初テント。

雨はもってくれました。よかった。

うちの近所のお気に入りの食パンをオリーブオイルと岩塩で食べてコーヒー(この組み合わせ最高)

強清水が有名なオーレン小屋です。

夜は息子は小屋に入り浸り。夕方になるとストーブもたいてくれる。

私の汗でぬれた服も乾きました。

「岳」というマンガは遭難マンガなんだけど・・・ふたりではまってしまって。

 

 

 

 

夕食。米を炊く。やはり米は重かった。

でもお米を食べたいです。こんなときは。アルファ米ためしてみようかな。

肉なしハヤシライスと米。デザートはまたも重かった梨。

 

生野菜はキュウリはよかったけど、梨とかはこんどは持っていかない。

重いわりにみんなたべてくれない。

レトルトになっている缶詰によくあるシロップづけの果物は好評でした。

あと、熱中症飴。

塩キャラメル好きのメンバーなので塩がきいている飴ちゃんは行動中にもいいんでしょう。

飴以外は案外行動食は食べなかった。今度はナッツとかにしようとおもう。

息子は普段たべられないチョコレートを頂上でたべたのは良かったよう。

 

おもったより寒くて、ムスメのタイツもっていくべきだった。彼女は歩かないから、

足が冷たくなってしまってて。ごめんね・・・・息子用だったポンチョを

ムスメのカッパ兼防寒(背負子時)に。

オット→ムスメ13キロ、テント類5キロ

私→その他18キロくらい。

息子→自分の衣類と本日の食料5キロくらい

 

荷物が重いの最初だけ。明日は身軽。

来てよかった。暑さに耐えた日々にごほうびです。

 

posted by noka at 13:50| 滋賀 ☀| Comment(3) | たび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
18キロ担ぎましたか(^^)重かったでせう。
ああ、いいな。真夏に寒いくらいの場所。。行きたい。
しかし2歳児まで天場代取るなんてがめつい山小屋やな〜。また写真とか見せてください。
Posted by hutan-orang at 2009年08月29日 23:37
山行けて良かったね(^^)小屋泊まりと思ってたらちゃんとテント担いでいってすごい!18キロ重たかったやろなぁ。またいつか、一緒にどっか登れたら子どもも私も嬉しいです
Posted by 森の人 at 2009年09月01日 15:41
森の人どの。


近くにいたみたい?!テントもお風呂も同料金とられて高い・・とおもったけど、小屋の近くのキャンプは快適でした。安心だしね。
おっちゃんともおりも仲良くしてて、小屋も泊まってみたいけど、、それこそ高い!!

冬山指導してほしいです★
冬山もいいっていってたものね。八ヶ岳。
ご一緒したし★★
おりはステッキをずーっとほしいといって
とうとう夏の終わりに買ってもらってました。楽なんかな?


Posted by sally at 2009年09月02日 20:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。