2010年02月09日

その日だけの、一度だけのメニュー

先日あった、友人の結婚式は有名なレストランでの貸し切りのモノでした。
打ち合わせの中で、新郎新婦とメニューを決めるそうで、
彼らしい、イタリアンが好きとはいえ、ところどころに和のちりばめられたメニューでした。食事の前にシェフが前にたってメニューの説明を、その後にソムリエがワインの説明を、、、

記憶だけでメニューを反芻してみます。

●うにと花のような野菜がちりばめられた白い器に透明のソースをかけてくださる。
それがスープときいて、びっくりしましたが、あっさりしてみえるのにしっかりした
味。オレンジのうにとピンクの花が素敵でした。

●赤かぶがでん!と目立つサラダはなかにとろりとした白子。蒸したと見られるふぐ。
あっさりにかこまれてるのでだまされるのだけど相当こってり。
白子は大好きなのにめったに美味しいのに会えない(食べにもいかないしな、、)
ので嬉しかった。赤かぶも大きなおおきなモノで、冬の甘さ。
上にトリュフを削ってかけてくださる。


●次はジャガイモだけのニョッキ。とってもやわらかい。シャンパンの美味しさに夢中で聞きそびれてたのだけど、ジャガイモだけで作られたニョッキらしい。
スモークチーズとお肉が絡まって、さらに各自粉チーズ

●生パスタ水菜のアクセントがきいてる、ぴりっとしたボローニャソースだったかな?

●イタリア産のきのこと鴨肉のロースト。キノコ好きにはたまらない。。。
味のあるきのこでした。鴨もおいしかった。


●イチゴのムースとシャーベットのお口なおし。なんだか専門用語が書いてあったような気がするけど、、、これがさっぱり!しあわせー

●最後は濃厚なショコラケーキと(フォンダンというのかな?あたたかくて感動。)マスカルポーネソース。実はベリーも供されてたのだけど、チョコとベリーの組み合わせはおいしいけど、しんどくなるのでやめとこう、、と思いつつ、たべてしまいました。

コーヒーはもちろん、エスプレッソ。それも豆をのんでるのか?!という濃厚さでした。

最後は、スタッフがシェフ全員挨拶してくださったのはとても感動でした。
レストランの心意気を感じる結婚式で、ここの料理が大好きな二人の本当に素敵なおもてなしに感動したのでした。

滅多に飲まないのにおいしすぎて飲んでしまい、なんねんぶり?かに二日酔いな私です。
こどもたちを預かってくれた母にも大感謝でした。


ポンテベッキオ
posted by noka at 19:41| 滋賀 ☁| Comment(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。